読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界が閉じた。ブログを書いた。

お題スロット

お題「ブログをはじめたきっかけ」

こんにちは。マアト(id:maat-drop)です。

このブログは、開設したばかりですが、わたしがブログを書き始めたのは、2009年の夏くらいです。

たまたま、2009年の2月に、某病気を発症し、動けなくなり、何も考えられず、億劫で、疲れてしまうから、髪もボサボサ、歯も磨けず、お風呂入るにも執念が必要な感じになって、普通の生活すらも出来ないから、当然、社会というか、同居の家族以外の人と切り離され、部屋の中で寝てるか、少し食べるか、トイレに行くか、だけに、なってしまいました。
そのような、何かが終わっちゃったような期間は、徐々に回復しつつも、3年くらい続いたかな。

それで、そんな時、わたしが、歯も磨けず、お風呂も入れないくせに、気力でやっていたことが、ネットなのです。

部屋の机に、当時は、まだ、買って半年くらいのVistaのデスクトップ型パソコンがありまして、そこから、ネットに繋がって、自分の病気の予後の可能性を検索し、同病の先輩たちの様子をブログから読み、一喜一憂していました。

やがて、藁をもすがる思いで、同病の先輩たちと、言葉を交わしたくなり、そのために、最初は、Yahoo!ブログのIDを取得して、ぽつらぽつらとコメントをして、やがて、自分でも、ブログを書くようになりました。
アメブロに変わって、にほんブログ村にも参加して、はてなでも書いてみて、と、変遷してるのですが、前書いたことは、ほとんど忘れてしまいました。

最初は、病気の話ばかりだったんだけど、8年くらい経った今は、もう、ぜーんぜん違う話ばかりです。
その間に、元気になって、スポーツジムで萎えた筋肉を鍛え直した話とか、社会復帰を頑張った話とか、観葉植物の話とか、手帳の話とか、ジャズピアノの話とか、それぞれにブログも開設したりしたけれど、閉鎖はしないけど、放置して、ハンドルネームもコロコロ変わって、一貫性がない感じです。

もしもなんてないけれど、もしも、最初に開設したブログを、そのまま続けていたならば、わたしが、結構ガチに絶望した大病から回復して、元気になって、普通の生活を楽しめるようにまでなっていった様子を、誰かに読んでもらえて、もしかしたら、後で病気になってしまった人、8年前に絶望してたわたしのような人にとっての、希望みたいなものに、なれたかもしれません。希望なんて、すごいのには、なれないかもだけど、まあ、元気になったよ☆

とりあえず、病気になってなかったら、ネットで書くことはなかったと思います。
せいぜい、キラキラしたFacebookInstagramで、生身の知り合いに、リア充なさまを公開してたくらいと思うのです。

という、コメダでだらだらしながらの、ひとりごと。