読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

法多山尊永寺の御守

持ち物

こんにちは。マアト(id:maat-drop)です。
今日は、家族で、法多山尊永寺にお参りに行ってきました。
午前中は雨でした。

それで、わたしの今日の目的は、古い御守を納めることでした。
わたしの持病がだいぶ悪かった頃に、母が頂いてきた御守と、一昨年から持っていた生まれ年に関わる御守と。

それで、無事、乳酸が溜まりながらも石段を登りきり、納めてきました。

が、わたし、御守好きで、また頂いてきました。
法多山には、いろんな模様の意匠を凝らした古代裂御守袋(こだいぎれおまもりぶくろ)が300円であって、その袋に、厄除の御守(300円)を入れて持つのが、好きなのです。

厄は、たまにあるにはあるのです。

今回は、こちらの模様。

中に厄除御守が入っていますが、法多山のお姉さんが入れてくださったので、開けては出しません。

前回のは、こちら。


それで、おみくじも、法多山では、いつも凶なのに、吉でした。

あと、ラブリーなレインコートを着たお地蔵さんが居たり。

厄除だんごもいただきました。


おしまい。