読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒトカラ☆9年ぶり篇ラインナップ

My お題参加

お題「ヒトカラのラインナップ」

 

こんにちは。マアト(id:maat-drop)です。

ミケコさん(id:mikerie)のお題「ヒトカラのラインナップ」に沿って書いてみます。

 

ほぼ日手帳への記録によれば、前回の一人カラオケは、1月5日。

 

f:id:maat-drop:20170131130500j:image

 

10年前は、仕事帰りに毎日のように発散しに行っていたのですが(だってデスクワークで経理とか)、病気になったり田舎に引っ込んだり、運転がヘボなのでカラオケ屋にたどり着くことが出来ず、遠のいていて、たぶん9年ぶりくらいに一人で行ってきました。

 

自分が何を歌えたかも覚えていない中、2時間くらいで済ませてしまった。

 

わたしの一人カラオケの約束事みたいなものは、

① 1曲目は、喉の調子を測るため、斉藤和義の「歩いて帰ろう」を歌う。

DAMの部屋を希望し、精密採点モードにして、採点中に小休憩しながら、延々歌う。

くらいです。

 

あとは、隣の部屋の人が歌ってるアーティストの曲を、密かに入れて、歌うと、たまに覗かれる、どや! とかの、変態的趣味もあるけどね、そこらへんは、まあまあ、どうでもいい。

 

1月5日のヒトカラのラインナップは、こちら。

たまたま、久しぶり行ってきたから、写真撮ってたの。

 

(1)斉藤和義「歩いて帰ろう」

f:id:maat-drop:20170131131132j:image

 

(2)東京事変群青日和

f:id:maat-drop:20170131131154j:image

 

(3)B'z「孤独のRunaway」

f:id:maat-drop:20170131131218j:image

 

(4)華原朋美「I'm proud」

f:id:maat-drop:20170131131240j:image

 

(5)Mr.ChildrenTomorrow never knows

f:id:maat-drop:20170131131310j:image

 

(6)東京事変「修羅場」

f:id:maat-drop:20170131131341j:image

 

(7)大黒摩季ら・ら・ら

f:id:maat-drop:20170131131411j:image

 

(8)絢香×コブクロWINDING ROAD

f:id:maat-drop:20170131131434j:image

 

(9)kinki kids「硝子の少年」

f:id:maat-drop:20170131131500j:image

 

(10)安室奈美恵「CAN YOU CELEBRATE」

f:id:maat-drop:20170131131529j:image

 

(11)B'z「ALONE」

f:id:maat-drop:20170131131556j:image

 

(12)trf「masquerade」

f:id:maat-drop:20170131131622j:image

 

(13)モーニング娘。「Mr.Moonlight 〜愛のビッグバンド」

f:id:maat-drop:20170131131643j:image

 

(14)宇多田ヒカル「Movin' on without you」

f:id:maat-drop:20170131131702j:image

 

後半に向けて、喉がどんどん死んでいったのもあるけれど、しょっちゅう通っていた10年前より、平均7〜8点、点数が下がっていて、昔だっても、元から歌がうまい人ではないけど、以前は毎日のように通って、声が出るようになっていたのが、もう、すぐに潰れそうというか、音程を取るだけで、必死になっていました。

 

それで、この時、歌い忘れたのが、ドリカムで、例えば、「朝がまた来る」の、「雨だって、晴れだって」と、エ行下げ祭りを歌える時には、10年前の通ってた頃にだっても、だいぶ調子が良いということだったっけなぁ、とか、後から、ほかのいろんなアーティストの曲を思い出しました。

 

なんかねー、カラオケルームから、電話帳みたいな分厚い本(歌がアーティスト別に載っているあれ)が、なくなっちゃって、わたしは、すごーく不便でした。

あれを見ながら、思いもよらぬ曲とか見つけて歌えるのにね。

 

そもそも、わたしが、前の仕事の頃、一人カラオケに通っていたのは、最初は、宴会で披露しないといけないという、必要に迫られてのことだったのです。

ほんと、あがり症だし、声が出なくてね。新卒の頃。演歌とか、おじさんとデュエットしないといけなくても、曲を知らなかったり。

でも、最終的に、部署別対抗で優勝して、空気清浄機をもらったりしてた。そのときは、アン・ルイスを歌ったと思う。

わたしは、努力の人なのです☆

 

でも、また、ヘボくなっちゃった。曲も思い出せない。

でも、変な癖が抜けた今、ボイトレに通ってやろうか、と、思いついたりもしました。

でも、ジャズピアノもすぐ辞めちゃったし、始めても、たぶん、すぐ練習しなくなるから、むだ投資は、辞めたら?って、声がします。

 

また、今度、ヒトカラに行く時には、声が出ないなりに、もっと、振り幅の大きいレパートリーで行こうと思います。

1アーティスト1曲までシバリとかで。

新しい、若い人の曲も、歌えるようになりたいな。

曲で、その頃の思い出とかを思い出したりもするから、たくさん曲を聴いたり歌ったりすることは、何かが豊かになる気がします。

更新しよっと☆

世界が閉じた。ブログを書いた。

お題スロット

お題「ブログをはじめたきっかけ」

こんにちは。マアト(id:maat-drop)です。

このブログは、開設したばかりですが、わたしがブログを書き始めたのは、2009年の夏くらいです。

たまたま、2009年の2月に、某病気を発症し、動けなくなり、何も考えられず、億劫で、疲れてしまうから、髪もボサボサ、歯も磨けず、お風呂入るにも執念が必要な感じになって、普通の生活すらも出来ないから、当然、社会というか、同居の家族以外の人と切り離され、部屋の中で寝てるか、少し食べるか、トイレに行くか、だけに、なってしまいました。
そのような、何かが終わっちゃったような期間は、徐々に回復しつつも、3年くらい続いたかな。

それで、そんな時、わたしが、歯も磨けず、お風呂も入れないくせに、気力でやっていたことが、ネットなのです。

部屋の机に、当時は、まだ、買って半年くらいのVistaのデスクトップ型パソコンがありまして、そこから、ネットに繋がって、自分の病気の予後の可能性を検索し、同病の先輩たちの様子をブログから読み、一喜一憂していました。

やがて、藁をもすがる思いで、同病の先輩たちと、言葉を交わしたくなり、そのために、最初は、Yahoo!ブログのIDを取得して、ぽつらぽつらとコメントをして、やがて、自分でも、ブログを書くようになりました。
アメブロに変わって、にほんブログ村にも参加して、はてなでも書いてみて、と、変遷してるのですが、前書いたことは、ほとんど忘れてしまいました。

最初は、病気の話ばかりだったんだけど、8年くらい経った今は、もう、ぜーんぜん違う話ばかりです。
その間に、元気になって、スポーツジムで萎えた筋肉を鍛え直した話とか、社会復帰を頑張った話とか、観葉植物の話とか、手帳の話とか、ジャズピアノの話とか、それぞれにブログも開設したりしたけれど、閉鎖はしないけど、放置して、ハンドルネームもコロコロ変わって、一貫性がない感じです。

もしもなんてないけれど、もしも、最初に開設したブログを、そのまま続けていたならば、わたしが、結構ガチに絶望した大病から回復して、元気になって、普通の生活を楽しめるようにまでなっていった様子を、誰かに読んでもらえて、もしかしたら、後で病気になってしまった人、8年前に絶望してたわたしのような人にとっての、希望みたいなものに、なれたかもしれません。希望なんて、すごいのには、なれないかもだけど、まあ、元気になったよ☆

とりあえず、病気になってなかったら、ネットで書くことはなかったと思います。
せいぜい、キラキラしたFacebookInstagramで、生身の知り合いに、リア充なさまを公開してたくらいと思うのです。

という、コメダでだらだらしながらの、ひとりごと。

シビラのエコバッグ

持ち物

こんにちは。マアト(id:maat-drop)です。
最近は小さいカバンの身の上ながら、帰りに図書館とかに寄って、大荷物になってしまうことが多々あります。
大荷物になるのは、以前からしょっちゅうなんだけど。
そのため、エコバッグを、出先でポロポロと何枚も買ってしまうのですが(わたし自体は、ちっともエコじゃないねぇ)、今日は、シビラ(Sybilla)のエコバッグを新調しました。
1800円。

開いたところ。


このエコバッグの素晴らしい点は、素材が柔らかく、かさばらないことと、なにより、内ポッケに袋全体を収納できるところ! しかも、内ポッケの機能も果たしつつ。

エコバッグって、よく、小さい別の袋に収納されているけど、わたしは、エコバッグを収納する、その小さい袋を、必ず、なくしちゃうのです。

これなら安心だね☆

しかも、今日持ってるラシットのCUBEとも色が合うし!

ちなみに、このエコバッグと同じ柄の、ポケットティッシュ入れやポーチも、売っていました。
前、黄色いお花柄のポーチなら買ったことある。
でも、わたしは、普段、化粧直しを外ではしないから、口紅くらいしか持ち歩かないんで、シビラの黄色いお花柄ポーチは、もっぱら旅行の時に活躍するだけです。

トキ江さんのペットボトルカバー

持ち物

こんにちは。マアト(id:maat-drop)です。

今日は、法多山と、ことのまま神社にお参りした後、掛川の道の駅に立ち寄りました。

それで、地場産品の売り場で、トキ江さんのペットボトルカバーを買いました。880円。

早速、装着!

かわゆい感じです。

大きい水筒だと、量が多い時には、小さいペットボトルを持つのですが、生で入れていたので、ちょいと、トキ江さんのおかげで、女子力が上がった気がします。
ありがとうございます☆

法多山尊永寺の御守

持ち物

こんにちは。マアト(id:maat-drop)です。
今日は、家族で、法多山尊永寺にお参りに行ってきました。
午前中は雨でした。

それで、わたしの今日の目的は、古い御守を納めることでした。
わたしの持病がだいぶ悪かった頃に、母が頂いてきた御守と、一昨年から持っていた生まれ年に関わる御守と。

それで、無事、乳酸が溜まりながらも石段を登りきり、納めてきました。

が、わたし、御守好きで、また頂いてきました。
法多山には、いろんな模様の意匠を凝らした古代裂御守袋(こだいぎれおまもりぶくろ)が300円であって、その袋に、厄除の御守(300円)を入れて持つのが、好きなのです。

厄は、たまにあるにはあるのです。

今回は、こちらの模様。

中に厄除御守が入っていますが、法多山のお姉さんが入れてくださったので、開けては出しません。

前回のは、こちら。


それで、おみくじも、法多山では、いつも凶なのに、吉でした。

あと、ラブリーなレインコートを着たお地蔵さんが居たり。

厄除だんごもいただきました。


おしまい。

乙女心、女雛、月兎耳

持ち物 植物

おはようございます。マアト(id:maat-drop)です。
一昨日、仕事中、眠くないのに生あくびが止まらなくなって、なんだかしんどかったので、昨日は仕事を有休使って休んだくせに、近所の花屋さんに行きました。

それで、探していたような「乙女心」、初めて見た「女雛」、なんだか姿の良い「月兎耳」を、ゲットしてきました。
多肉植物のことです。一株200円。

嫌がるので母には秘密ですが、部屋の中に、鉢底石や土をストックしてまして、早速、植え替えました。

乙女心。

ラブリー♡
ちょいと鉢が小さいかもだけど。

あと、女雛。


そして、月兎耳。

これは、だいぶ鉢が大きすぎるので、枯らさないか心配。
根がうまく張れないかもなので、別のを探す。

というわけで、並べてみたとこ。

ただ、わたしの部屋(南東)は、夏に陽が差し込まないんです。庇で。
春くらいまでは差し込むですけどね。

ちゃんと調べてないけど、春秋成長型と思う。
月兎耳は夏だったかもしれないけど。

今、部屋の南側に並んでいますが、陽に当てないと徒長するし、暖かくなったら、外の良い場所を探さないとだなぁ。
去年、部屋にいた人たちは、徒長したから。
東の窓で、朝しか陽に当たらなくて。

なお、月兎耳の鉢には実生パキラ、乙女心の鉢にはミニチュアセントポーリアが植わっていましたが、10月に祖父が亡くなった頃から、なんだか気持ちに余裕がなくなり、すさんじゃって、放置してたため、枯れてしまいました。
おじいちゃんのせいでは断じてないけど、タイミング的に、部屋を片づけなくなったりして、今も散らかってます。
パキラはもしかしたら、春に復活するかもしれなかったけど(寒いと葉を落とすけど生えてきた)、セントポーリアは根が細いので、完全だめみたい。

それで、多肉(水はたまーに。しわしわになっても復活する)にしたかもしれません。
水を切らし気味にすれば、大きくならずに、姿を楽しめるし、分解しても、生えてくるから、わけわけして楽しめるので☆

なんか、今は、植物を育てるモードではないかもしれないけど、買ってしまいました。
生きているので、殺さないように、気をつけます。

ハイジのがまぐち

持ち物

こんばんは。マアト(id:maat-drop)です。

昨日、母も見たいと言ったので、静岡市美術館のスタジオジブリ・レイアウト展を、家族で観に行きました。1月3日につづき2回目。

それで、帰りに、ミュージアムショップで、ハイジのがまぐち(小銭入れサイズ)を買いました。

裏は、こんな感じ。

ミシンで機械的に刺繍をした量産品と思われるのですが、かわいいハイジと、かわいくないハイジ(顔がゲッソリして、目の位置も変とか)が居て、わたしは、並べられていた4つの中から、いちばん安定してるハイジ(ほっぺのピンクの糸も綺麗で、顔が比較的丸いハイジ)を選びました。
1080円です。

昔、子供の頃、近所のスーパーで、絵の刺繍をできるミシンの実演会みたいなのがあって、ミシンのおばさんが来て、わたしは、白地にピンクの糸で、なんかのエンブレムみたいなものを、妹は、青地に黄色の糸で、「おかあさんといっしょ」の「にこにこぷん」のポロリ(ねずみ。泣き虫の)を縫ってもらって、名前も入れて、一辺15cmくらいの、紐でしぼるようなタイプの袋を作ってもらったことを思い出しました。
あれは、どこに行ったかなぁ?

それで、がまぐちに話を戻しますと、わたしはたぶん、がまぐちが好きで、鍵入れもレモンの模様のがまぐちだし、アヤノコウジさんの大きながまぐちのトートも持ってます。

でも、最初に、防水スプレーをきちんとかけなかったため、帆布が汚れてきちゃって、どうしようもなくなって、最近、活躍してません。
アヤノコウジさんのメルマガで、新しく買う製品には、撥水・防汚加工をするサービスを始めたと、最近、読みました。
次に購入するときは、お願いしようと思います。

おしまい。